氷室神社文化興隆財団

書籍

古代仏教をよみなおす

古代仏教は国家仏教で、仏教が民衆に広まるのは鎌倉時代のこととされていました。著者は、こうした古代仏教史の常識的 […]

三輪山 日本国創成神の原像

著者は、各地の三輪山と三輪神を祀る土地を細かく調査・検討します。その結果、六世紀の欽明・敏達王権が、三輪山の大 […]

正倉院文書の世界

正倉院文書は主として東大寺の写経所の事務帳簿が残ったものであり、戸籍などは反故紙としてウラが写経所で使用された […]

飛鳥の木簡―古代史の新たな解明

木簡にはあまり込み入った内容は書かれません。軽微な内容が多く、用が済めばただちに不要となります。しかし、一方で […]

日本古代史を学ぶための漢文入門

漢文が自由に読めたら、古代史をもっと楽しく学べるのにと思う人や、奈良の古代史をもう少し深く調べてみたいという人 […]

大和万葉旅行

本書がはじめて発刊されたのは、昭和39年(1964)なので、42年ぶりの復刊となります。 冒頭で、大和の山々( […]

大和の味 改訂版

  各編は大和の伝統食や大和産の食材の由来、調理法をわかりやすく解説します。節分、初午、雛祭り、端午 […]